2017年07月15日

体験会第三弾 南部の歴史と駒文化を楽しむ流鏑馬体験会 岩手県(二戸市) 子どもゆめ基金助成活動 告知開始

平成29年度乗馬と弓の体験会第三弾のお知らせです。

体験会告知怒涛の畳み掛け、3つ目は
9月23日(土)秋分の日
国指定史跡 九戸城跡にて
「南部の歴史と駒文化を楽しむ 流鏑馬体験会 岩手県(二戸市)」子どもゆめ基金助成活動 を開催いたします。

対象は、4歳〜大人までの男女約80名、事前申込必要、先着順


九戸城チラシスキャン_ページ_1.jpg







2011年から継続開催している乗馬と弓の体験会シリーズ
中でも九戸城跡で開催の乗馬と弓の体験会は毎回若干名称を変えながらも今回が6回目となります。
本当に皆様のご協力のおかげです。ありがとうございます。

今回は感謝の気持ちも含めて、体験者のみなさんに今まで以上に楽しんでいただこうと、従来よりデモ見学時間を減らし体験時間を長くしようと計画しています。
せっかく体験会に参加したのなら、選手の演武を見てるより、実際にやってみる時間が多い方が楽しいでしょ!







では、1日の流れを説明しましょう。

九戸城チラシスキャン_ページ_2.jpg

・午前9時半頃、九戸城エントランス集合。(これチラシに書いてませんでしたね。ごめんなさい。)
遠くからの方には午前9時に二戸駅西口からバスが出ます。利用者数によっては2〜3往復する可能性もあります。

・みんなが揃ったら、始まりの会。

・九戸城ボランティアガイドのみなさんにガイドいただきながら、九戸城跡を1時間程度見学。
一般の方はもちろん、歴女も城マニアも納得のガイドになると思います。

見学して九戸城の歴史を学んだら、いよいよ流鏑馬体験会場(石澤舘)へ

・流鏑馬競技選手によるデモを見て雰囲気をつかんだら

・お待ちかね、実際の体験の始まりです。
弓を射るよ。馬に乗るよ。じゃあ馬上から弓を引いてみよう。
ああ楽しい。

・おしまいの会
体験会をできるだけ長く取って、おしまいの会は14時半ごろ?15時ごろ?ちょっと遅めにできるといいな。
〆の時間は、生き物相手ですし、ちびっ子からお年寄りまでの参加ですし、当日の天候や周りの状況もみながら判断します。
時間に余裕を持って1日遊ぶつもりで参加してね。





この日は九戸城まつりが二の丸跡で同時開催されていますので、同伴のお父さんお母さんはそちらも楽しめますよ。
もちろん親子で流鏑馬体験をしていただくとより楽しいと思います。







9月のイベントってまだまだ先でしょと思ったそこのあなた。
夏休みが来て、夏まつりが来て、お盆が来て、花火見て、泣きながら宿題して、秋まつりが来ると、あっという間に9月23日になっちゃいますからね〜
早め早めに体験会の申込をしておいた方が予定も立てやすいですよ。

続日本100名城に選ばれた九戸城跡という素晴らしいロケーションで馬に触れ合う、普段は体験できない特別な時間。
親子で、友達同士で、カップルで、もちろん大人の楽しみとしてでも、どんどんお申込みください!











posted by やぶさめいいんちょ at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 流鏑馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。