2014年11月09日

第四回乗馬と弓の体験ツアー(さんりく基金活用事業)

本年度2度目、通算4度目の乗馬と弓の体験ツアーが11月に開催されました。
今事業は、7月に行われました3回目のツアーが好評であり再度開催を希望する声が高まったのを受ける形での開催です。
乗馬を活用して地域を盛り上げたい、活動する仲間の輪を広げたいという趣旨に賛同いただき、参加くださった体験者の方々、ありがとうございます。

なお今回は、急遽決まったこともあり事業費も少ない中で行いましたので、告知は口コミで、財源で賄える人数に絞っての開催となりました。



さて、二戸地域の方々を中心に乗馬と弓を体験していただくこのツアー、第3回と同様に、体験会は当会提携先であり設備の整った十和田乗馬倶楽部で開催されました。


集合し簡単な挨拶を済ませると、体験会ですから実践あるのみです。
まずは弓を体験しましょう。

_DSC1524.jpg

この時初めて弓を持ったという参加者もおりました。


レクチャーを受けながら

_DSC1535.jpg


_DSC1536.jpg


実際に体験していると、すっかり矢が前に飛ぶではありませんか。
実はこれ、凄いことなのです。


_DSC1538.jpg




また、弓道経験者は、馬上での騎射のイメージを意識しながら姿勢を作るレクチャーを受けておりました。

_DSC1541.jpg












さて、それでは馬装に取り掛かりましょう。
当会名物、安全確認をしながら1日の中で流鏑馬体験のところまで持って行くという、ギューーーと濃縮した体験会。テンポよくカリキュラムが進んでまいります。

_DSC1561.jpg

馬装の仕方を教わりながら、実際に自分で準備をします。




そうしたら、乗ってみますか。

_DSC1589.jpg

並足で景色を見ながら、ぐるっと周りを歩いてみましょう。



_DSC1598.jpg


_DSC1609.jpg




さあそれでは、グラウンドで簡単な操作を体験です。

_DSC1636.jpg








はい、弓と馬、それぞれに体験して、ここで一旦お昼休み。

IMG_2264.jpg

遠征してきたのなら、その町に出てご飯を食べてお金を落として、更にお昼休みの間に簡単な観光もしてみました。











さあ、それでは午後の部は、きっちり埒を打った設備の整った鉄砲馬場にて、いよいよ流鏑馬体験へと進みます。
このコースですと馬も進む方向が分かっているので、(相手は生き物ですからどうしたって完全に安心安全ということはあり得ないという共通認識の上で)乗る人もある程度安心ですね。


まずは弓は持たずに

_DSC1686.jpg

軽く速歩を出しながら手放しをしてバランスを取ってみましょう。


_DSC1696.jpg

初めは手放しは怖かったんですけど、見事な対応力です。







それでは並足で弓を持ってみましょうか。

_DSC1926.jpg

はい、そういうイメージです。
というか、型、いいですね〜。



_DSC1767.jpg

大人より綺麗かもしれませんよ!



_DSC1755.jpg










こうして少しづつステップを踏みながら何本か馬場を往復しておりますと、だいぶ様になって参ります。

_DSC1836.jpg


大人は射るところまで体験してみるという、凄い進みようです。


_DSC1850.jpg

_DSC1896.jpg







_DSC1787.jpg


_DSC1795.jpg


実際、センス有ると思います。
これ、もうちょっと練習すれば、来年の大会では初級で出られると思いますよ!



というような感じで、第四回乗馬と弓の体験会も充実の満足度で無事開催することができました。
体験者の皆様、スタッフの皆様、有難うございます。



_DSC1961.jpg

ではまた、次回の体験会もお楽しみに〜!




posted by やぶさめいいんちょ at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 流鏑馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。