2011年03月08日

信直公と和尚さんと猫のはなし

実は九戸城は、その後、福岡城と改名、改築され
後の盛岡藩の始まりとなる場所でもあるのです。

信直(南部26代)は
250px-Nanbu_Nobunao.jpg


1598年に嫡男、利直(南部27代、初代盛岡藩主)に、盛岡城築城を命じたのですが
1599年に、福岡城で病没します。

九戸の乱(1591年)から8年後のことですね。



さて、信直公葬儀の折の面白い話があります。
猫の恩返しのお話です。


「猫塚物語」


これこそ、郷土の人しか(でも)知らないような
へ〜〜〜
な、お話でしょ!






posted by やぶさめいいんちょ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 二戸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
出ました!!!。
猫塚伝説!!
実は九戸と戦った一方の当事者が、実は福岡城(九戸城を改修)で亡くなっているという事実は知られていませんね。
猫塚伝説と浄法寺氏改易は何らかの関係があるものと推定しています。
三戸南部にとって、九戸氏亡き後は土着勢力として最も手強かったのが浄法寺氏。
いつの間にか歴史から消えています。
またまた謎が増えました〜〜〜。
Posted by 愛輪塾@管理人 at 2011年03月08日 06:34
愛輪塾@管理人 さま

はい、出ました!
猫塚伝説。
私も、数年前から知ってはいた話ですが
それでも、ここ数年です。

やっぱり知られていない話って
まだまだたくさんあるんでしょうから
そういうのも紹介していきたいですね。


こうしてみると九戸城は
中世の幕引きの地でもあり
また、盛岡南部の礎となった地でもありますので
二戸、盛岡、両地からの観点でイベントをするにも向いていますね!!
Posted by やぶさめいいんちょ at 2011年03月08日 07:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。