2014年07月31日

特別賞、御寄贈いただきました!

来る8月2日「九戸城古戦場まつり」の中で開催される「九戸城流鏑馬競技大会」において、南部美人様から特別賞「南部美人賞」ご提供いただきました。ありがとうございます!
昨年に引き続き、2度目のご提供となります。本当にありがとうございます。




IMG_1880.jpg

南部美人大吟醸純米仕込一升化粧箱入り
(南部美人本店前・久慈浩介社長)





IMG_1882.jpg

一位・二位・三位には商品が出ますので「南部美人賞」は四位に相当させたいと思います。














また、プラム工芸様から、わざわざ各地から二戸に来てイベントを盛り上げてくれる選手の皆さんへということで、斧折樺(オノオレカンバ)を材にしたワンオフのクラフトモノを、出場記念として制作していただき、御寄贈いただきました。


IMG_1879.jpg


オノオレカンバというのは、文字通り斧が折れる程に硬いといわれる樺でありまして、岩手と長野(だったかな?)、の一部でしか生息していなそうな貴重な木であります。

万葉集にも記されている梓弓という言葉がありますけれども、神社の境内で吉凶を占うために行われる弓術に使用される弓矢や、あるいは梓巫女と呼ばれる古くからの巫女が口寄せに使用していた物が、梓弓といわれ、その梓弓に用いられるモクがオノオレカンバといわれております。

このオノオレカンバで作った印鑑やペンを立てて机回りをすっきりさせることが出来る逸品。今回はなんと、選手全員分(締め切り後の追加エントリー者は除く)を字入れで御寄贈いただきました。

IMG_1878.jpg

もちろんですが、これ、予算では到底作れないものです。

プラム工芸様、本当にありがとうございます!!






さあ、いよいよ今週末、8月2日(土)は「九戸城古戦場まつり」において「九戸城流鏑馬競技大会」が開催されます。
皆様、九戸城へ集結下さい!


posted by やぶさめいいんちょ at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 流鏑馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月17日

流鏑馬ポスター出来!

2014九戸城古戦場まつりのポスターが上がってきました!

kosenjo2014.jpg


この古戦場まつりの中で
第2回九戸城流鏑馬競技大会(平成26年度さんりく基金活用事業)が開催されます。
ワンコイン引き馬体験もありますよ。


また、アクセスですが
九戸城は中世の城ですので簡単に攻め込まれないように直線が少ない造りになっております。歴史を感じさせる非常に貴重な造りなのですが、現代に当てはめるとそれが逆に城跡周辺には駐車場が少ないということになってしまいます。
そこで、当日は二戸駅東口(在来線側)からは無料シャトルバスやワンコインタクシー(折込チラシ付属のチケット必要)も用意さてれいますので、そちらをご利用下さい。

8月2日は、いざ九戸城へ!
posted by やぶさめいいんちょ at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 流鏑馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月16日

第3回乗馬と弓の体験ツアー(さんりく基金活用事業) おかげさまで無事開催いたしました。

2014年7月13日(日)、第3回乗馬と弓の体験ツアーが開催されました。

今回、二戸に馬を運ぶか十和田に人が行くかで検討しましたが、結果、環境の整っている乗馬倶楽部で開催した方が内容的にも充実し、安全面にも配慮出来るだろうという判断から、十和田に参加者が移動するという形での開催です。第1回と同じ形式ですね。

前日の十和田での準備段階では30度越えの真夏日で汗だくで作業をしていたのですが、当日はそこまで気温が上がることもなく、運動するには動きやすい気温となりました。



9時半頃会場入りした参加者達
午前中は弓練習と馬装・乗馬練習
午後は鉄砲馬場(流鏑馬走路)にて実際に弓を射る体験をします。





え、1日でそこまでするんですか?
するんです!そのための乗馬と弓の体験会ですから!!






カリキュラムの内容から、数班に分かれての体験会となりました。
記録係が着いた班を中心にお伝えしましょう。



まずは弓の練習です。
いくら弓道の盛んな二戸地域からの参加者とはいえ、やっぱり弓を持つのは初めてという人が多数を占める参加者。
インストラクターや当会選手など先輩達により、弓の基本的な動きを教わります。

_DSC6002.jpg




丁度、別働隊が馬装して通りかかったので、馬上で引くとどうなるか、実際に動きをイメージしてみましょう。

_DSC5991.jpg

なるほど、そういう感じで出来ればいいんですね。
てっ、そう簡単にはいかないんでしょうけど、イメージはこういう動きです。






次は馬房にて馬装しましょう。

_DSC6056.jpg


_DSC6066.jpg


初めて馬に触れる人々が、鞍やハミをつけます。
なんせ、自分で乗るのですからね、道具も自分で付けられないと。








さあ、馬装をしたら、グランドに移動して馬に乗ってみます。

まずは跨いで、手綱と脚(キャク)での基本操作を覚えて、ちょっと常歩で動かしてみると、ああ、動かせますね。


では、調馬策(この紐です)での速歩運動をしてみましょう。

_DSC6019.jpg

レッスンの進み早っ!







と驚いている内に、午前の部が無事終了し、お昼休みを取り
さあ、午後の部です。







そうです、この班は、午後の部いよいよ鉄砲馬場に乗り込んで流鏑馬体験をするのでしたね。










ということで
鉄砲馬場を常歩(なみあし)で歩いて馴染みます。

_DSC6076.jpg

ちょっと格好いいんじゃない。






次は、速歩が出せたら出しながら、1頭づつ馬場に入ってみましょう。

_DSC6092.jpg










それでは、お待ちかね、馬上で両手を手綱から離して弓を引く流鏑馬体験!
あ、もちろん安全確保のため扶助の人はつきますよ。

_DSC6161.jpg


_DSC6263.jpg

おお、形になってきているじゃないですか。





ちょっと当会選手によるデモを見てもらってイメージをつかんでもらいましょう。

_DSC6241.jpg

あ、やっぱり選手は型が綺麗ですね。













さあ、流鏑馬体験もしたら
希望者のみ、ここのパートは安全確保は自分でしてねの、鉄砲馬場速歩体験です。


_DSC6283.jpg


_DSC6352.jpg



いい感じです。








そして最後の集合写真

_DSC6052.jpg

みなさん、本当に楽しい体験をしたようで、笑顔が素敵ですね〜
こうして、第3回上馬と弓の体験ツアーも、充実のレッスン内容で、大好評の内に無事終了。

ありがたいことに、体験者さんからは早速「次はいつですか!?」の質問もあり、大成功の体験会となりました。



最後に、ご協力頂いた、十和田乗馬倶楽部、当会選手団、八戸弓馬会、にんじんサークル、そして関係者の皆様、本当に有り難うございます。







流鏑馬関連
次は7月26,27日の遠野大会
そしていよいよ8月2日(土)の九戸城流鏑馬競技大会です。
みなさん、ご期待下さい!
posted by やぶさめいいんちょ at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。