2014年05月30日

【募集】第3回乗馬と弓の体験ツアー(平成26年度さんりく基金活用事業)

2011年10月・第1回乗馬と弓の体験ツアー 十和田
2012年09月・第2回乗馬と弓の体験会   九戸城
を経て
2013年08月・第1回九戸城流鏑馬競技大会を開催にこぎ着け、多くの方々にご観戦いただけたこと、ありがとうございます。



2014年は
第3回乗馬と弓の体験ツアー  十和田
第2回九戸城流鏑馬競技大会
と、まずは2つの大きなイベントの開催が決定いたしました。




_IGP9533.jpg

乗馬と弓の〜、第1回は十和田で、第2回は九戸城で行っております。どちらも体験者の方々にはご満足いただけるよい体験会となりました。







第3回目となる今年は、「初めての方に流鏑馬を体験していただく1日」を、より安全に深く濃く楽しんでいただくために、設備の整っている十和田乗馬倶楽部での体験ツアーといたします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
第3回乗馬と弓の体験ツアー(平成26年度さんりく基金活用事業)参加者募集

乗馬と弓を練習して流鏑馬体験ができるところまでを目指すツアーを開催します。未経験者大歓迎!誰でも初めは初心者です。毎回大好評のこの体験会も今回で3回目を迎え益々充実、興味のある方はこの機会にぜひご参加下さい。

7月13日(日)
体験先:十和田市(十和田乗馬倶楽部)
集合 08:20二戸市スポーツセンター
出発 08:30
到着 09:50十和田乗馬倶楽部
体験 10:00 座学・弓練習
休憩 12:00
体験 13:00 馬装・乗馬練習・流鏑馬体験
出発 16:00
到着 17:30二戸市スポーツセンター

参加 高校生以上の健康な方
参加費2500円(昼食を準備する方は追加500円)
移動は各自乗合いでお願いいたします(参加者多数の場合にはバスを準備します)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





ちょうど、第1回目と同じ様なイメージでの講習会になると思われますので、当時の様子をリンクしておきましょう。

→→→こちらからご覧下さい←←←

この体験会参加者の中から、2011年の流鏑馬選手育成制度を活用し、流鏑馬選手も育っております。
興味のある方には、非常に魅力的な体験会となるのではないでしょうか。









_IGP0739.jpg
もしかしたら取材陣も来ちゃうかも??




参加の予約は今から受け付けておりますので、公式ブログ、facebookページ等でお気軽にお問合せ下さい。





posted by やぶさめいいんちょ at 07:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 流鏑馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月21日

【募集】流鏑馬選手育成制度 若干名

九戸城流鏑馬実行委員会では、平成26年度流鏑馬選手育成制度を6月より開始いたします。
流鏑馬競技出場選手に必要な基礎乗馬技術の習得を支援する制度です。

カリキュラムは、九戸城流鏑馬実行委員会提携先の十和田乗馬倶楽部にて、18時間コースの乗馬練習を行い流鏑馬競技選手としての基礎技術を習得し、8月の九戸城流鏑馬競技大会、もしくは、10月の十和田駒フェスタにおいて、九戸城流鏑馬実行委員会所属流鏑馬選手としてデビューいただくものです。


IMG_1056.jpg




平成26年度流鏑馬選手育成制度を活用いただくことにより、18時間コースの騎乗料・指導料(9万円相当)を九戸城流鏑馬実行委員会が支援(負担)します。
保険料、検定料、自主練習料、競技参加に係る費用等は自己負担となります。
なお、受講中、自己都合により18時間コースの練習を遂行出来ない場合には、そこまでの費用全額をお支払いいただきます。

育成制度を利用するには
1.九戸城流鏑馬実行委員会に、平成26年度流鏑馬選手育成制度に参加したい旨を表明し
2.適性を調べるため、一度、十和田乗馬倶楽部にてビジターコース(騎乗料5,660円+指導料2,060円)を2時間受講。(合計15,440円)
3.ビジターコース体験後、本人の継続意思・インストラクター・九戸城流鏑馬実行委員会の判断により、流鏑馬選手育成制度利用者として練習を開始します。




DH000187.jpg





制度申込の要件は
男女を問わず20歳以上の健康な方
九戸城流鏑馬実行委員会に入会し、会の活動に積極的に参加出来る方

お問合せは、この記事のコメント欄(承認制)に氏名・メールアドレスをご記入の上、平成26年流鏑馬選手育成制度希望とご記入の上投稿願います。

若干名の募集ではありますが、今回のみの非常に魅力的な制度ですのでこの機会に是非ご活用下さい。

posted by やぶさめいいんちょ at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月20日

facebookページ始めました

「九戸城流鏑馬実行委員会のFacebookページ」を立ち上げました。

facebookページもよろしくお願いいたします。




九戸城流鏑馬実行委員会
ブログ
http://kunohezyoyabusame.seesaa.net
ツイッター
kunohezyoyabusa
フェイスブックページ
https://www.facebook.com/kunohezyoyabusame



こうして、3つのフェーズを持つことになりましたね。
それぞれの特性を活かしながら、活動を発信していきたいと思います。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
posted by やぶさめいいんちょ at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月14日

開催決定!

【速報】第二回九戸城流鏑馬競技大会、8月2日(土)確定!
昨年に引き続き、第二回九戸城古戦場まつりの中で開催されます。

選手の皆様、助勢の皆様、観客の皆様、決戦の地へ万難を排して御集結下さい!!
posted by やぶさめいいんちょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 流鏑馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月04日

第11回桜流鏑馬

2014年4月26日(土)27日(日)に、十和田市中央公園緑地において、第11回桜流鏑馬が開催されました。



今年は桜の時期とすっかり重なり、満開の桜並木の下を女性騎手が駆抜ける良い大会となりました。

_DSC3421.jpg

満開の桜と良い天候に恵まれ、ここ数年では例を見ないぐらいの人出となっております。




九戸城流鏑馬実行委員会も桜流鏑馬の助っ人に駆けつけました。

_DSC3641.jpg

ゴール地点で、走路の安全確認の旗振りという重要な役を行いつつ、今回は運営スタッフの目線で勉強させてもらっています。



弓の練習をする選手とその解説を聞く選手たち

_DSC3409.jpg

この姿勢は、馬上での騎射姿勢での練習です。


_DSC3413.jpg

打ち終えた馬手(めて=右手)の動きを勉強しています。
馬上で残心からの連射となると次の動作に遅れが生じるので、残心の部分がこの「打切り」という手首を外側に返す動きになっていきます。
この打切りは、戦記物などの画にも描かれており、実戦で培われた日本式騎射の技法ですが、なかなか体現するのが難しいので、やはり鍛錬による習得が必要のようです。





また、競技でのタイム測定の様子なども見学してきました。

_DSC3502.jpg

時計と、記録の2人体勢で正確に行われておりました。




今回、当会から女性騎射がデビューです。

_DSC3538.jpg

今年は雪解けが遅く、4月になってからでないと乗馬も出来ないような状況でしたけれども、その短い期間で乗馬と弓の練習を行い大会に挑みました。
アメリカ人女性ですが流鏑馬に興味があるとのことで、丁度弓の基本的なところを教えた縁から、九戸城流鏑馬実行委員会所属選手として参加です。何と、新人賞を獲得しましたよ。




桜流鏑馬は女性選手だけが出場する華やかな大会ではありますが、男性騎手7人によるエキシビジョンが行われました。
エキシビジョンには当会からも参加です。


_MG_3113.jpg
photo by fielder

これは単騎ではなく一斉に駆抜け的を射ましたので、かなりの迫力が出たのではないでしょうか。






ということで、2日間にわたっての桜流鏑馬

_DSC3648.jpg

選手、運営スタッフ、関係者、観客の皆さん、ご苦労様でした。
今回も色々と勉強させて頂きました。ありがとうございます。




posted by やぶさめいいんちょ at 05:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 流鏑馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。