2014年03月27日

そして市民劇のチラシも入っていたのであります。

朝、新聞だけ見て出かけ、夜帰って色々をふと見たら
こんなチラシが入っておりました!



IMG_1307.jpg

九戸政実 市民文士劇 スタッフ・キャスト募集 チラシ




いっやぁ、着々と進んでおりますね〜〜〜


posted by やぶさめいいんちょ at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月21日

九戸政実市民文士劇公演決定!

まあ、本当に、おそろしい勢いで話が進む九戸政実プロジェクトですけれども
「九戸政実市民文士劇」公演が決定いたしました!!

2014年10月5日(日) 昼夜2回公演
二戸市民文化会館
原作 高橋克彦著「天を衝く」
という、凄い事になっております。


140321文士劇発表日報.jpg
岩手日報 2014年3月21日の記事より



岩手県における、この文士劇といいますのは
盛岡文士劇
奥州市民文士劇
に続いて、3カ所目の開催。

盛岡、奥州での文士劇は、毎年楽しみにしている方々も多く、既に毎年恒例の劇として定着している大きな催し物となっております。





こ、これ、やるんですよ。
しかも「天を衝く」が原作の九戸政実のお話を、九戸城の天然の堀の位置にあたる二戸市民文化会館で開催という、歴史好きな方々にはある意味おそろしく贅沢な事に!


さあ、また、忙しくなりますよ〜〜〜
posted by やぶさめいいんちょ at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月16日

大河ドラマ・歴史ドラマはこうして作られる

振興局と九戸政実プロジェクト突撃隊により矢継ぎ早に進んでおります九戸政実プロジェクト
今回は、「大河ドラマ・歴史ドラマはこうして作られる」と題した講演会が開催されました。




_DSC2547.jpg



20140316歴史ドラマ講演会1.jpg





講師には大河ドラマ「独眼竜正宗」「琉球の風」「炎立つ」「北条時宗」を手がけた元NHKプロデューサー 吉村 芳之(よしむら よしゆき)氏を二戸市にお迎えし、大河ドラマ・歴史ドラマ制作の舞台裏を詳しくお伺いしました。九戸政実のドラマ化にも繋がるヒントがかなりちりばめられた、面白い講演会でした。



_DSC2550.jpg


20140316歴史ドラマ講演会2.jpg







具体的に、当時の大河ドラマ制作時のタイムスケジュールを例に説明いただいたり



_DSC2544.jpg



他地域での誘致活動の様子や、主人公として取り上げられやすい人物やその周りの人間模様、(大河であれば)50話の話を続けていくための背景や資料集めなど1年間続けるための技術的な話などにも触れていただき、非常に整理されたように思います。


また、昔は、誰でも知っている織田/豊臣/徳川であったり、1人1話でも1年放送できちゃう赤穂浪士といった話が題材に選ばれていましたが、最近の主人公は少しづつ変わってきており、そういった意味では過去には主役足り得なかった人にもスポットが当っているという良いお話も。今年なら勘兵衛とかですね。
もちろん、そうなると全国各地での主役探しは激化するということも出てきますけれどもね。



選定者への話の持ち込み方とか、陳情の仕方とか、色々とルートを探したり組織的な戦略を立てたりする必要はありそうですが、とにかく地元では声を出して行き続けるというのが一番の運動となるようで!






posted by やぶさめいいんちょ at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月09日

新作 九戸政実 歴史講談

「新作 九戸政実 歴史講談」が九戸政実プロジェクトの一環で行われました。

1926881_599552556796995_1830427595_n.jpg




今回は宝井一凛師匠という、何と、真打ちの講談師さんに九戸の乱の新作講談を作ってもらい、それをまずは地元でご披露するという、とてもすてきな企画なのです。





_DSC2516.jpg

会場も、準備された席はほぼ埋まっている状態で、どういう話を高座に上げてくるのか、みな、期待しながら待っている所へ、いよいよ師匠の登場です。






_DSC2522.jpg


講談ですのでね、現在の研究成果とは若干脚色が異なっている部分もありはしますけれども
本物のといいますか真打ちの師匠の高座を実際に客席で聴きますってぇと、どんどん話に引き込まれ、あっという間の演目でした。


またこの講談企画にはさらに続きがありまして
本日はお披露目会ということで師匠にやっていただきましたけれども
この話を地元の方々に練習していただいて、7月に発表会をしようじゃないかと、こういう段取りになっております。
こちらも今から楽しみですね!
posted by やぶさめいいんちょ at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。