2013年01月22日

熱い熱い流鏑馬競技連盟東北支部総会に出席してきました。

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
本年も前向きに活動してまいりますので
九戸城流鏑馬実行委員会への参加、応援、どうぞよろしくお願い致します。



さて、我々、九戸城流鏑馬実行委員会も参加している、流鏑馬競技連盟東北支部では
平成24年の活動総括と平成25年の活動目標設定をすべく
東北支部参加団体・個人の主立ったメンバーが招集され
1/19日に流鏑馬競技連盟東北支部総会が開催されました。


_IGP3963.jpg


議事内容は、各団体主催による平成24年の活動報告、研究事例発表、安全性への取組み、我々の行っている流鏑馬の意義や範囲についての再確認などなど、非常に多岐に渡り、しかも踏み込んだ議論が活発になされました。



また、平成25年からの活動として特筆すべきは
国体準備室の室長にお越し頂き、示唆に富んだ貴重なご説明をいただきながら
流鏑馬を国体(国民体育大会)競技に!!と、流鏑馬競技連盟東北支部として正式に要請。
3年後平成28年の2016岩手国体での開催にむけてプロジェクトを立ち上げました。

流鏑馬競技連盟東北支部に参加する団体の中でも、岩手県で活動している団体の所在地は
遠野市、盛岡市、奥州市、そして県北からは二戸市、軽米市と非常に馬と関連の深いところばかりです。
ここに更に、東北各県から集う東北支部所属団体の力を集結して、実現へ向けての怒濤のプロジェクトが始りました。

ちなみに岩手国体というのは、前回が昭和45年(1970年)の開催ですので、46年振りの開催となり
また、東日本大震災の影響により県が一度は開催を諦めたものの、県民のみなさんの熱い念いから、再度開催を決意したという経緯があり
岩手県民にとっては特別な位置づけの国体となります。

ついでに、東京オリンピックで実現した暁にはオリンピック流鏑馬種目まで突っ走ります。by会長談


と、熱い熱い総会となりました。
どうぞ、今後の活動にご注目下さい!!


posted by やぶさめいいんちょ at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。