2012年11月10日

後三年流鏑馬

さて、2012年の11月4日のことですが、秋田県の後三年の役古戦場跡で流鏑馬を行うということで、流鏑馬競技連盟東北支部の一員としてお手伝いに行って参りました。

IMG_0432.jpg

「十一月(さぶらひつき)後三年古戦場おもてなし強化月間」

時を遡ること920年余
大鎧をまとう武者が馬で駆け
弓を引き太刀を振るったその時代
侍ふ武者たちを知る大地の記憶が
一流れの風となって、古戦場を吹き抜ける。
平泉の源流、前九年・後三年合戦伝説の地で
「見て・触れて・感じて」本物を体験せよ。



というイベントで、刀剣鑑賞会や長刀演技、平安装束・鎧体験、後三年合戦学習会など、様々なプログラムが組まれておりました。
その中に、流鏑馬供覧も組み込まれておりましたので、お手伝いとなった訳です。








さて、場所はどの辺りかといいますと
横手市の隣町に美郷町というところがあります。
ここに後三年の役の古戦場跡があり、現在は公園となっております。
この場所でイベントが開催されました。

美郷町の駅にちょっと寄ってみると

IMG_0430.jpg

後三年駅という看板の後ろに後三年役の看板がありました。


IMG_0429.jpg

まちの観光名所も紹介しています。この看板にもあります、後三年の役古戦場跡で開催されたのですね。



また、地元の情報を扱う「話題新聞」さんでは、事前に一面トップ記事として今回の流鏑馬が開催されることを紹介しており、また、山梨県富士御室浅間神社に奉納される流鏑馬は八幡太郎義家の弟である新羅三郎義光が後三年役の祝勝を祝って奉納したのが始りとされる、という後三年合戦場跡にちなんだ謂れも紹介されておりました。

なるほど、武田流の話なのでしょうね。



さて、それでは、流鏑馬の様子をご紹介しましょう。



つづきをよむ


posted by やぶさめいいんちょ at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 流鏑馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月06日

第19回十和田駒フェスタに参戦してきました

ちょっと日数が開いてしまいましたが、2012年10月13日(土)14日(日)の2日間にわたって開催された「第19回十和田駒フェスタ」に参戦してきましたので、皆様からご提供いただいた写真をもとにその模様をお伝えいたします。

IMG_0173.jpg

十和田駒フェスタ、今年から回数の数え方を改め、その全身であるイベントの時から数えるようにしたようで、今年が19回となります。

2月頃から始った流鏑馬も、各地を転戦しこの駒フェスタが最終戦、やぶさめ日本一決定戦となります。
選手層も厚く、初級2組、中級2組、プロ級1組と総勢50名前後もの参加を誇り、また、中級以上の選手の中から、団体戦、勝抜戦も行われます。


そのような大盛り上がりをみせる最終戦に、九戸城流鏑馬実行委員会からも2名の選手が参戦いたしました。
その2名の写真を中心に、大会の模様をお伝えします。


つづきをよむ
posted by やぶさめいいんちょ at 07:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 流鏑馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。