2011年07月17日

九戸城でのイベントに行ってきました

九戸城ボランティアガイドの会さんが主催した九戸城でのイベントを見学して参りました。


IMG_1191.jpg


おおっと、城跡に着いた途端、すてきな暖簾が迎えてくれますね。


暑かったのですが、ある程度風もあり
帽子を被ったり水分を補給したりすると、見学の方にも過ごしやすい天気で推移したようですね。








つづきをよむ


posted by やぶさめいいんちょ at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 九戸城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月04日

記念フォーラム

先日、九戸城ボランティアガイドの会設立10周年記念事業の中の
設立10周年記念フォーラムを拝聴させて頂きました。

二部構成でのフォーラムは
基調講演「九戸一揆とは何か」
パネルディスカッション「政実と信直」
となっており、どちらも大変興味深いものでした。

IMG_1156.jpg


糠部の系図の説明で
九戸、三戸南部、八戸南部、久慈、七戸、櫛引などの姻戚関係を紐解いているところもあれば

南北朝から室町時代は八戸が宗家だったものが、年代を下るにつれ三戸が勢力を増してきたのでは?
九戸氏は南部氏の一族だったのか、小笠原氏という説も?
という興味深い話も出てきたり。

九戸一揆は、三戸対九戸の内紛に留まるだけでなく
北東北勢の京中央政権に対する蜂起の一面も。



また、ディスカッションでは
東北六県の電話帳から拾った○戸の名字件数ということで
一戸、三戸、四戸、五戸、六戸、七戸さんはある程度数が数えられるけれども
九戸さん、二戸さんがとても少ない
二戸さんは、にとさんと読む系統が山形県に
九戸さんは青森県に
という400年を経て現在に繋がる(かもしれない)落人伝説ともいえるようなお話も出てきました。

IMG_1157.jpg

件数の発表もあったのですが
メモしておりませんでしたので、機会がありましたら改めてお伺いしてこようと思います。




九戸村には江刺家(えさしか)という地名があるのですが
江刺家さんという名字も地元ではあまり聞かない、というような話もでてきたのです。

余談ですが
実は以前、同僚に、えさしかさんが居たのを思い出しました。
ただ、漢字が江刺家だったのか江差家だったのか
九戸村江刺家からくるものなのか、奥州市江刺区からくるものなのか
はたまた、松前の江差からだったのか…


まだまだ面白い話は出てきましたが
今回は、ごく簡単にご紹介させていただきました。




実は色々な方や団体さんが九戸城には関わっているので
集約して大きなイベントも出来ていけばよいですね。

posted by やぶさめいいんちょ at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 九戸城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。