2011年02月27日

良くまとめていらっしゃるサイトを見つけました。

九戸城で検索をしていましたら
北出羽物語というサイトさんの中から
最後の戦場というページを見つけました



う〜ん、すばらしい。
(あ、勿論、九戸党側から読んでの感想です。)


飲んだ勢いで読んでいましたら
(おじさんなので涙腺が弱くなっていて)涙無しには読めませんでしたよ。

当時の軍記などからしても
やはり凄い戦だったのですね。




posted by やぶさめいいんちょ at 21:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 九戸城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月26日

NHKで九戸政実の特集番組を作っていた!

愛輪塾管理人のドタバタ日記 さんから教えて頂いたのですが
何となんとNHKで九戸政実の特集番組を作っていたのだそうです。

新幹線二戸駅開業や
【送料無料】天を衝く(1) 【送料無料】天を衝く(2) 【送料無料】天を衝く(3) の発表などで
九戸政実の機運が高まっていた頃の特番のようです。




早速、NHKアーカイブスで探したのですが、まだ収録されておりませんでした。



ところが、YouTube にあった!!



















場所を探すのも大変ですので
一気にリンク貼っておきます。



400年以上も前の
歴史的には、敗者側の話ですので
資料も少なく、小説としての空想で語っている部分も入っているとは思うのですが

全国放送でここまで取り上げられていた、というのは
凄いことですよ。







そして今年
九戸城跡に馬を走らせましょう!!


九戸城流鏑馬実行委員会への入会や寄付金も募集しております。
どうぞよろしくお願いいたします。
posted by やぶさめいいんちょ at 11:22| Comment(6) | TrackBack(0) | 九戸城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月25日

五千 対 六万五千 本当かな?

九戸軍 五千人に対して
豊臣軍 六万五千人が九戸城取り囲む布陣を引いた




ほんとうかな?
やってみよう


ということで
本当にそれだけの人数が九戸城の回りにいられるのか実験企画
「7万人エキストラ大集合!!」



エントリーフィー
1人 1000円
弁当代も含みます。



とかやったら
面白いだろうね〜〜〜



きっと、請け負った仕出し屋さんは、大笑いだ♪




これが 0.7万人でも凄いよね〜


posted by やぶさめいいんちょ at 08:04| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月23日

開催時期、一案

九戸城流鏑馬、今年でやれなければ意味がない
というくらいの強い気持ちで動いております。

やるからには、一発目から、きっちりしたモノを作り上げないと
という向きもあろうことは認識しておりますが

今年、まずやってみて
そうすることによって、来年は
去年に、迫力ある前例もありますし
JRディスティニー・キャンペーンも視野に入れて、地域ぐるみで大きなイベントにしましょうか
という流れを作っていかなければ

まず初めに、助成金ありきな新規イベントは
どこの地域であっても、やっぱり取り付けるまでに大変であり
数年がかりになりかねない=その頃には熱も旬も過ぎ去って形骸化しただけのものになってしまっている
という図式が目に見えているからです。



そして、その目的の中には
イベントによる町の活性化、観光客動員による地域への、いわゆる外貨投入
というとても大きな部分も入っているのです。



そこで、愛輪塾さんと共に、イベントの集客として、最大公約数的に考えた、一案としては


「九戸城流鏑馬」&「九戸党を讃える(テーマソング)披露ライブ実施案

日時  平成23年9月3日(土)  
     午前 九戸城で「流鏑馬」
     午後 山車運行(二戸まつり)
     夕方 山木康世ライブ 「九戸党を讃える歌(テーマソング)」披露ライブ




であったり



あるいは

「九戸城流鏑馬」&「九戸党を讃える(テーマソング)披露ライブ実施案

日時  平成23年9月3日(土)  
     午後 山車運行(二戸まつり) 紙の甲冑&流鏑馬行列
     夕方 山木康世ライブ 「九戸党を讃える歌(テーマソング)」披露ライブ

    平成23年9月4日(日) 
     午前 九戸城流鏑馬 
     午後 山車運行(二戸まつり) 〜 各山車組一斉集合での解散式




もあるのではないかということです。



観光客としていらっしゃる皆さん
お祭り期間に、二戸中心街の福岡に来たならば

山車祭りとして売っている盛岡の8台よりも台数の多い、二戸まつりの9台の山車を見学し
三社祭りのいわれである、三つの神社さまについて謂われを知り

中世、天下統一最後の決戦の地となった
九戸城跡で流鏑馬を堪能し
山車運行と一緒に隊列を組む、騎馬軍団を見学
そして、政実のテーマソングも含めたライブを楽しみ
当日は夜の町を楽しんでもらいながら、宿泊。
翌日、近隣のスポットも含めながら観光して戻っていただく。

もちろん、JRさんの新幹線や
いわて銀河鉄道さん、青い森鉄道さんの
ツアーパックをご利用
仕出し弁当は地元の鶏肉や食材・雑穀をふんだんに使ったもの

オプションでは
山車運行にだって、体験ということでご参加いただき
各山車組のまかないを分けてもらいながら、地元の人々と会話し


そして、おみやげには、地酒や南部せんべい、またお菓子などもお持ちいただく。



まあ、ばふっと書きましたけれども
そういったツアーも楽しんで頂ける日程にはなるかと思います。







もちろん、お祭りを運行していらっしゃる方々の間では
かなりの厳しいご意見もあろうかとは思いますが



数ある切り口の中から考えた場合

運行が大切なのか
観光資源と捉えた場合の経済効果が大切なのか

の選択肢も、無しではないと思うのです。






ほんのちょっと志向性の統一をするだけで
こういった案も簡単に実現できるのではないかとは思うのですが

お祭りに携わっている方々
観光として見に来たいと思っている方々

いかがでしょうか??








posted by やぶさめいいんちょ at 22:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月22日

九戸政実のテーマソング

二戸市内で、以前から精力的に活動なさっている「愛輪塾」さんという団体さんがあるのですが

何と、愛輪塾さんでは、様々な活動の広がりの中から
かなり有名な大物ミュージシャンさんから
九戸政実のテーマソングをつくっていただいていたそうです。
記事はこちら

そのミュージシャンさんも、各地でのライブで、もう歌い始めてくださっているそうです。






今回、愛輪塾さんから
そのライブ企画を、本拠地の二戸で行う計画があるので
それであれば、九戸城流鏑馬もいっしょにして
より、大きなイベントとしてプロデュースしていこうじゃないか!
というお申し出をいただきました。

勿論、賛成ですよ!!




そして、そのアーティストさんのお名前も
出していいよ、という許可を愛輪塾さんから頂きましたので
お知らせいたします。





九戸政実のテーマソングを作詞・作曲したのは
元・ふきのとうの「山木康世(やまきやすよ)」氏なのですよ。





ということで

九戸古城跡の散策で、宮野(福岡)の歴史に触れ
流鏑馬で、馬術武芸に秀でた九戸氏の迫力を体感し
山木さんの歌で、政実への思いを馳せる

といった
とても素敵なイベントに、全国から参加できる!!

そういう計画が、また一歩前進いたしました。



皆様、どうぞ、応援の程
よろしくお願いいたします。




posted by やぶさめいいんちょ at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。